ヘアサイクルとは

ヘアサイクルとは

髪の毛には1本1本寿命があり、伸びる(成長期)・抜ける(退行期)・生える(休止期)を繰り返しており、これを「ヘアサイクル」と言います。

ヘアサイクルが正常な場合

ヘアサイクルが健康な状態の場合、1日100本前後抜けていきます。日々の抜け毛に対して、過度な心配をする必要はございません。それでも、自分の状態に不安をお持ちだという方はお気軽にご相談ください。

健康的なヘアサイクル

ヘアサイクルが乱れている場合

短くて柔らかい髪の毛が抜ける本数が多い場合、ヘアサイクルは乱れています。 ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる、「男性ホルモン・テストステロン」と「5αリダクターゼ(還元酵素)」が結合してできた悪玉脱毛ホルモンが影響しています。 DHTの影響により髪の毛を作り出す毛包の成長が十分でなくなり、本来2~6年あるとされる「成長期」が数ヶ月ほどになってしまい、髪の毛が育たないうちに抜けてしまい、薄毛・抜け毛が目立つようになります。

DHTとは

悪玉脱毛ホルモン。DHTが下記のように働くことでAGA(男性型脱毛症)を引き起こします。

  1. 男性ホルモンの一種である「テストステロン」が、還元酵素「5αリダクターゼ」によって、悪玉脱毛ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変わります。
  2. DHTが毛乳頭にある受容体と結合し、髪の成長を抑制します。
  3. DHTの影響で髪の毛の成長周期が短くなり、毛が十分に成長する前に抜けてしまいます。
TOP▲