AGA【男性型脱毛症】とは

AGA【男性型脱毛症】とは

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症のことです。

男性型脱毛症とは、成人男性特有の進行性の脱毛症で、生え際や頭頂部の毛髪が脱毛し、薄くなったりするのが特徴で、遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因だと言われています。 特に20代以降の男性に多く見られ、日本人男性の3人に1人がAGAだと言われています。AGAは治療せずに放置すると進行してしまうため、早めに治療をはじめることが大切です。

AGAの進行パターン

AGAは進行パターンから種類を分類することができ、皮膚科医の高島医師が「高島分類」というアジア人に多く見られる進行パターンを作りました。アジア人は欧米人に比べ頭頂部がO型に脱毛していくVertex型が多いのが特徴です。

AGAは進行性。髪の毛は少しずつ減少していきます。

毛髪量の変化

AGAは進行性のため、進行はゆっくりですが何も対処や治療を行わなければ髪の毛が減少していき、薄毛が目立つようになってしまいます。

AGAの原因

遺伝、男性ホルモンバランスの乱れ、生活環境の乱れがもっとも多い原因と考えられています。その中でも最大の原因は、「男性ホルモンの影響」です。

AGAの改善

悪玉脱毛ホルモン・DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する治療をします。毛母細胞が死滅していると、いくらDHTの活動を抑制したところで、発毛効果は見込めません。なので、毛母細胞が死滅する前に治療を開始する必要があります。

AGAは、「遺伝」や「男性ホルモンの影響」が大きい原因と考えられていますが、「生活習慣」や「ストレス」なども影響はしています。

健康なヘアサイクルに戻すために、AGAの原因となるDHTを生成しないよう治療を早い段階から行うことをおすすめします。

TOP▲